ポスタルコの頭のなかを覗いてみると…

CLASKAで開催されていた「ポスタルコの頭のなか」展に行ってきました。


「POSTALCO(ポスタルコ)」とは、

マイク・エーブルソンとエーブルソン友理が2000年にニューヨーク・ブルックリンで活動をはじめたデザインスタジオであり、“equipment=道具”としてのプロダクトとして、バッグやステーショナリーなどを展開しているブランド。

入口にはノートやブックカバーなどが展示されていました。

が、その奥には一見関連がなさそうな奇妙な展示がズラリ。

例えば、ひときわ目立っていた魚の模型。

これは、魚はエラ呼吸なのに、どうして口が大きく開くのか?という疑問を突き詰めていくうちに、模型まで作ってしまったそうです。

「リサーチというのはただ集めるだけじゃない。そこから何かを発見しないと」とは彼の言葉だそうですが、まさに至言ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中